しららはま

平成21年12月6日に『チキチキブログ選手権』よりサイト名を変更しました。また頑張って更新したいとおもいます。ブログ管理者が阪神タイガースの試合結果、野球に関する気になるニュース、興味のあることを書いています。
野球のないオフシーズンには食べ物の話題やその他色々なことを綴っています。
<< 中村紀洋、前川被告に苦言 | main | 納豆ダイエットは捏造だった >>
卓球・四元奈生美のファッションが世界に反響
福原愛選手とともに卓球界の人気者、四元奈生美選手のファッションが世界で認められた様子。
国際卓球連盟の会長氏が絶賛したらしい。
卓球という地味なスポーツ、もっと派手なウエアを着てもいいと思う。
四元選手は先日の卓球選手権で髪に花の飾りをつけて登場し厳重注意を受けたらしい。

以下はデイリースポーツの記事より

ミニスカ四元に世界が「グレ〜ト」
2007年1月20日(土) 10時58分 デイリースポーツ

 “ミニスカ”で話題の四元奈生美(28)のファッションが、世界に反響を呼んだ。東京体育館で行われている卓球全日本選手権、18日の女子シングルス1回戦で髪に花飾りをつけて“厳重注意”を受けたが、関係者がそのウエア画像をメールで国際卓球連盟(ITTF)アダム・シャララ会長に送信したところ、同会長は逆に絶賛していたことが19日、判明。四元ファッションが世界に認められた形となった。この日も1試合目のシングルス3回戦に遅刻してイエローカード、敗退した4回戦でも試合中に注意を受けるお騒がせぶりだったが、卓球界のファッションリーダーは、うれしい知らせには笑顔いっぱいだった。
 “四元ワールド”を卓球界の世界トップが認めた。ITTFシャララ会長が、マーガレットの花をつけたクリーム色のウエア姿の四元の画像を「グレート。非常に美しい選手。美しいウエアだ。みんなこういうウエアを欲しがってるんだよ」と絶賛していたことが判明した。“強カワイイ”ファッションが世界で受けた形だ。
 世界186の国と地域で行われ、サッカー並みの競技人口を誇る一方でどこかマイナーなイメージも残る卓球。同連盟内の女性ワーキンググループでは近年“女子のウエアはもうちょっと別のものがあっていい”ということがテーマの1つになっている。その流れを先取りしている四元へ高い評価が与えられた。
 「6年言い続けて、やっと分かってくれる人が出てくれた」。伝え聞いた四元は、3年ぶりの全日本で敗退が決まったばかりというのに跳び上がらんばかりに喜んだ。
 この日も視線を独り占めした。1着しかない前日のウエアを急いで洗って着用。こだわりの髪飾りは変えた。関係者が事前に審判側に対し、“OKライン”をチェック。3回戦はピンポン玉、4回戦では羽根をイメージした白いアクセントを施して出場した。そのストラップで左肩がかぶれ、試合中にかいてしまう“誤算”はあったが、そのかいあっての世界レベルの反響。四元は感激しきりだった。
 昨季のプロ野球では、引退した新庄剛志氏(日本ハム)がユニホームの規定に挑戦?して話題を呼んだ。四元は注意を受ける新庄氏を見て「かわいそうだな。気持ちは分かる」と思っていた。根底がプロ野球を愛する新庄氏と同じだからだ。「ウエアは全競技で卓球が一番!華やかで可愛くて“私もやりたい。卓球ってステキ!”っていうような競技になってくれたら最高」と断言した。
 競技者としても、まだまだ上を目指す。「ナショナルチームにも入りたい」と口にした。「ウエアはどうする?」と聞かれると、間髪入れず「チームが(華やかなものに)すればいい。(福原)愛ちゃんに着させたい」とニヤリ。“ビジュアル系”の称号に“元祖”という2文字がつく時代は迫っている!?

[ 1月20日 10時58分 更新 ]
| ToraTora−SNOOPY | スポーツ | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://chikichiki.tblog.jp/trackback/127018
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

このページの先頭へ